何らかのキッカケで野菜を食べなくなってしまった子供のその偏食は、大人になっても治らない

幼児教育

将来、何でも美味しく食べられて、どこの店に入っても誰が作った料理でも好き嫌い無く食べられる大人になって欲しいと思って、離乳食からセッセと色んな野菜や肉の味を覚えさせていくと思います。

食べると言う生命維持の観点では最大の欲求を楽しく満たすためには、幼少の頃の食事の席を楽しく過ごしていた記憶が、将来大人になった時に反映されて行くのです。

しかしながら、誰もがどんな食材をも嫌いにならずに大人になって行く事は少ないので、何らかの野菜などの食材が嫌いだと言う壁に当たる事もしばしばでしょう。

この、好き嫌いが発生した時に嫌いなモノを無理矢理食べさせられそうになったりした記憶を持っている人は、そのままその野菜などを嫌いなまま大人になってしまった人が多いと思います。

楽しくなる筈だった食卓が、無理やり野菜を食べさせる回になってしまったと感じたその時から、食事をする=無理矢理食べさせられる楽しくない事にすり替わってしまったのでしょう。

そうして好き嫌いも克服することなく大人になった人は、嫌いなものが入っていない料理だけを食べて行く事になるのです。

こんな感じで好き嫌いが大人になっても治らなかった人の多くが、何らかの野菜が嫌いな状態だったりするのですが、一緒に食事に行ったりすると何が嫌いなのかは明白になると思われます。

玉ねぎが嫌いな人は牛丼チェーン店などには一切入ろうとしませんし、ニンジンが嫌いな人はカレー店に入るとメニューの画像を見てニンジンが入っていなさそうなカレーを頼むのです。

と言った感じで、極力嫌いな野菜が自分の口に入らない様に行動す売るので、何が食べられないのかを知るには色んな料理店に連れて行ってみると分かると思います。

頑なに好き嫌いを治そうとしない大人は多いので、子供の時の様に無理強いして食べさせようとすると次の日から縁切りされる程に嫌われると思うので、まずは好きな食べ物を色々聞いてそこから気に入られて行くと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました