緊急事態宣言などが一斉に解除されたけど、油断するとまた前回や前々回の様になる

気づいたこと

9月末で当初の予定通りに緊急事態宣言などが解除されましたね。

何かしらの措置が出されていた地域は、説明で表示される日本地図では赤くなっていたり黄色い色になっていたのは記憶にまだまだ新しいですが、その色が全面的に無くなって白くなった事でしょう。

出来ればそのまま白いままで居続けて欲しいのですが、11月には第6波が来る可能性があると言われているのです。

この第6波が来る原因は、緊急事態宣言などが解除されて受かれてしまった人が増えてしまう事が原因だと思うので、出来れば今回の解除では受かれないで静かにしていた方が良いと思います。

と周囲の人が思っていても、10月は31日にハロウィンイベントなどが目白押しなので、多分この辺で浮かれてしまう人が急増して11月に第6波を運んできてしまうのでしょう。

イベントに参加していたい大勢の人が我慢していたのに、また感染者数が増加する一途を辿るのです。

結局今回も、ハロウィンが原因で感染者数が増える予想が出されているこの状況は、前回と前々回の緊急事態宣言の教訓を何一つ分かっていないと言っても過言では無いと思います。

何度も緊急事態宣言が出されている地域では、特に気を付けて行動して欲しい所ですが、気を付けている人の傍らで気を付けていない人が存在し続けている現状を打破しないと、感染者が完全に居なくならないと思って行動して欲しい所です。

また11月に第6波が来るだろうと予測されているのですが、この予測が当たらない第6波が来ない世界にして行くには、ひとりひとりがしっかりと気を付けて行くしか無さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました